第一印象でスタイルを良く見せる色のテクニック!

今回は、色の性質を使って、スタイルを良く見せる方法をお届けします。

 

さて、どんな色の性質を使えばよいでしょうか?

それは、膨張色と収縮色がもっとも効果的な方法です。

 

膨張色と収縮色はファッションの世界でよく利用されるテクニック。

 

もちろん私たちのコンプレックスを解消したり、
魅力的な部分を強調したりする
場合も自己演出の大きな武器となります。

 

425c52891cbfc9816a25a94ef7bf331e_m

 

 

 

 

 

 

 

 

“見た目の大きさは明度による影響が強い”

 

具体的に言うと、「膨張色」は実際の大きさより大きく見える色。
白やパステルピンクやベビーブルーなどの高明度色。
柔らかくて、優しい雰囲気がするかわいい色ですね。

 

反対に「収縮色」は実際の大きさより小さく見える色。
黒やネービーブルーやチャコールグレイなどの低明度色。

 

ちなみに、高明度とは明るい色。低明度色とは暗い色です。

 

やはり、いちばん大きく見えるのは明度が一番高い「白色」です。

 

囲碁の碁石は白の方が黒より小さく作られています。
皆さんご存知でしたか?

 

両方を同じ大きさで作ると、白の方が大きく見えてしまうので

視覚的な調整がされているのです。

 

★Point

では、実際にこの色の性質を利用してみましょう!

 

例えば、下半身を細く見せたい場合には、トップスを白等の高明度色を選び、
ボトムスに黒色などの低明度色をあわせます。

 

また、上半身が華奢な方にもこの色彩心理を利用すると
バストを大きく見せる効果など、なりたい自分により近づける事ができます。

 

逆にボトムスに白などの高明度色を使うと下半身の太さを強調してしまうので
よほどスタイルに自信がない限り注意です。

 

色の性質を上手く利用して、お相手に好印象を残すことがチャンスへの近道です! (*^_^*)