黒が与える心理的影響は『ネガティブ』なものが多い!

black-1

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、収縮色と膨張色をお知らせしましたね。

 

ボトムスに黒色を使うとスタイルが良く見えます。
しかし、婚活ファッションでは黒色はお勧めできません。

 

なぜなら、黒色が人に与える心理的印象は、
「威圧・支配・恐怖・闇」を連想させるからです。

 

また、「拒絶」という印象も与えるため、
人と関わりを持ちたくない方にはピッタリでしょうが、
婚活は『出会いを求めている』のに
拒絶するなんてありえないですよね。

 

実は私がOLだった頃、
色々な色彩心理をファッションやメイクで試していました(^^)

 

黒の効果はスゴイです!

全身黒色(ジャケット・インナー・スカート・タイツ・パンプス)にすると、
その日は、こちらから声を掛けないと誰も声を掛けてきません^_^;

黒い服

 

 

 

 

 

 

 

 

何人かの仲の良い同僚に理由を聞いてみたら、
「今日は声を掛けにくい~。」
「今日は顔色が悪く、きつく見えるよ。」って言われました。

 

着ている本人は当時「カッコよく見せたい!」って思っていたので
黒が大好きだったのですが、

 

確かに着ているうちに、
「今日はあまり話しかけて欲しくない。」
という拒絶の気分にもなってきました。

 

そう!黒色は相手から拒絶されるだけでなく、
自分の気持ちまで『拒絶感』が強くなっていくのです。

 

色は目で見るだけでなく、皮膚でも感じるのです!

次回は、『もっとある黒色のデメリット』をお知らせします。