先日、本屋さんで「なんて素敵なの~」と思わず手にしたのがこの一冊。

日本の大和言葉を美しく話す

 

タイトルはもちろん、表紙にも魅かれましたが、

なかみのページも一枚づつ和をイメージさせる椿などの植物や動物の絵が書いてあり

見ているだけで穏やかに、そしてどこか懐かしさも感じられるのです。

 

IMG_2722

 

大和言葉とは、私たちの先祖が創り出した日本固有の言葉

また、その伝統の上に生まれた言葉

 

例えば、「故郷」と書いて音読みで「こきょう」と読みますが、

訓読みだと「ふるさと」と読みます。こちらの方が、心に響きますね^ ^

それは日本の風土で生まれた言葉だから。

 

私が皆さんにおすすめしたい言葉は「このうえなく」です。

「すごく」「めちゃくちゃ」「最高に」のかわりに

「このうえなく」が使えます。

 

何か人や物を評価する時に

このうえなく素敵でした」「このうえなく美味しいです」というふうに使ってみてください。

大和言葉特有の柔らかさと穏やかさをもつ言葉なので

上品な香りをまとわせます。

 

美しい所作に美しい大和言葉

どちらも自然に使えるようになると素敵ですね。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

美しい立ち居振る舞い テーブルマナー講師

Venus・フィニッシングスクールの藤本みわでした。