今年もお雛さんを出しました。

 

本来は、女の子の成長を祝う日ですが、

私は、自分のお雛さんを毎年出しています。

 

お雛さんは、大人になっても結婚しても是非出してみてください

必ず『幸せを運んでくれますよ(^^)』。

IMG_2880

本日も、お雛さんが嬉しい出来事を運んでくれました

今日は、立ち居振る舞いの本コースにお二人もお申込みいただきました☆

 

上品な大人の女性を目指す同じこころざしの方が

どんどん増えていくので、本当に嬉しいです(*^_^*)

 

体験レッスンのビフォーアフターのお写真もたくさん増えてきましたので、

また、後日皆さまにご紹介していきたいと思います☆

 

今日は『ひな祭り』についてご紹介いたします。

 

旧暦三月の最初の巳の日は「忌日:いみび」なので、

その日にお祓いをする古代中国の風習が日本に伝わったのがはじまりです。

その頃は、季節の変わり目に人の形をした紙を川へ流して災厄をまぬがれるという

儀式をしていましたが、次第に川に流さず家に飾るようになっていきました。

 

ひな祭りの御供えや祝い膳にもそれぞれ意味があります。

・ちらしずし・・・女の子の健康を祝い、海や山の幸を使ったといわれています。

・ハマグリのお吸い物・・・ハマグリの殻が同じ貝同士としか合わないことから、女性の貞操を表します。

・桃の花、白酒・・・中国で桃の木は邪気を払う力があるとされ、桃花酒を飲んだことが由来

・菱餅・・・宮中で食べられていたひし形の餅。三色は「雪がとけ、緑が芽吹き、花が咲く」を表しています。

 

ume

出典:http://www.familys-talk.com/

 

今日は青空が広がり、気温もあがり、春が近づいてきたのだと胸がワクワクしました。

学問の神様として有名な菅原道真公の京都の北野天満宮では

梅の花が見ごろですよ。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

京都・奈良・大阪のマナースクール、立ち居振る舞い教室の

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした(^^)