結婚披露宴やお見合い、

お友達とランチ、ビジネスでの食事会など、

格式のあるレストランだけでなくカジュアルなレストランでも

最近ではテーブルの上にナプキンが用意してある所が多いですね!

 

4bebd1836191522860aa35ce4f255231_s

 

 

私もずいぶん前は、

「いつ広げるの?」

「どう置くの?」

「どんな風に使うの?」

「席を離れる時はどうするの?」

「帰る時はどうするの?」って疑問だらけでした^_^;

 

みなさんはナプキンのマナーご存知でしょうか?

何となくわかっているつもりだけど自信がない人もいらっしゃるのでは。

 

では、今回はひとつずつご紹介いたしますね☆

b1c9b8bd0fed53c062fadfabe0d8a618_s

ナプキンのテーブルマナーを身につけて上品な大人の女性を目指す

 

【広げるタイミング】

主賓や主宰者、または料理が運ばれてきたら広げます。

 

【置き方】

ナプキンを二つ折りにして、輪っかをおなか側にして膝の上に置きます。

 

【使い方】

ナプキンの内側の端を使います。(そうすると汚れた所が隠れます。)

ナプキンは口元の油分や指先を拭くために使います。

特に、ワイングラスに口を付ける前には必ず油分を拭いましょうね。

 

【席を離れる時】

自分の椅子の座面に置きます。

 

【食事が終わった時】

軽くたたんで、テーブルの上に置いて帰ります。

きちんとたたむと、「お料理がまずかったです!」

というサインになるので気を付けて(^^ゞ

 

以前の私は、ナプキンを口紅などで汚したら悪いなと思っていたので

つい遠慮がちに使っていましたが、

実は、ナプキンは汚せば汚すほど「美味しかったです~☆」と言うサインなのです。

 

なので、遠慮して自分のハンカチやティッシュを使うことのほうが失礼にあたります。

 

テーブルマナーの上達は、どんどん場馴れすることです。

自然と美しく振る舞えるように、まずはナプキンから始めてくださいね(^^)

 

最後までお読みくださりありがとうございました。

京都・奈良・大阪のテーブルマナー講師 Miwaでした^ ^