今日は、楽しみにしていた京都市美術館で開催中の「ルノワール展」に行ってきました。

平安神宮や美術館周辺の桜も5分咲きぐらいでとても美しい。

 

IMG_3188

わたしは、ルノワールが描く思わず触れたくなる女性の肌の透明感や、

優しい色彩で描かれた、幸福感いっぱいの作品がとても好きです!

 

IMG_3192

 

 

裕福ではなかったルノワールは、夫人や子供、友人、女優などを描いていましたが、

どの作品も明るく、美しく、華やかです。

ある作品の背景になったすてきなレストランも友人がオーナーなので無料!

女優も息子の彼女なのでモデル代無料!

協力してくださる方がとても多かったルノワールは、みんなから愛されていたのでしょね^ ^

 

 

ルノワールの言葉で有名なのが、

★「絵というものはぼくにとって、愛すべきもの、愉しくて美しいものでなければならないんだよ。 そう、美しいものだ!
人生には厭なことが多すぎるんでね、これ以上厭なものなんかこしらえたくないんだよ。」

『ルノワールの生涯』 (アンリ・ペリュシュ 著/講談社)

 

★(絵の師匠グレールの問いかけ)
「たしかに君は、自分自身の楽しみで絵を描いているね?」

「もちろんです。もっと言わせてもらいましょう。楽しくなかったら、描きませんって!」

『ルノワール その芸術と生涯』 (F・フォスカ 著/美術公論社)

renoir

ルノワール自信が楽しく絵を描いているので、たくさんの協力者が集まってきたのでしょう。

そんな楽しくてしかたがない人の作品は、見ている人も幸せにします^^

めんどくさそうに仕事をしている人や暗そうな人の所やお店には行きたくないですよね!

 

楽しくて楽しくてしかたがない。

私が楽しく仕事ができるのは、

このサイトを訪問してくださる皆さまや

いつもレッスンを楽しみに通ってくださる素敵な生徒さんのお蔭です。

もう寝るのももったいないくらい楽しいです(*^_^*)

生徒さんの笑顔も見たい!ブログの読者様のフフッと笑う、笑顔も見たい!

本当に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございます<(_ _)>

 

ルノワールのように、私も皆さんにワクワクや幸せを伝染できるように☆

4月1日、年度初め。あらたな気持ちで楽しいレッスンやブログをお届けしていきたいと思います(^^♪

どうぞよろしくお願いいたします。

 

大阪・京都・奈良の ツイテル楽しい立ち居振る舞い、マナー教室

ヴィーナス・フィニッシングスクールの藤本みわでした^ ^