いよいよフランス料理の団体テーブルマナー講座を来週末に開催いたします。

皆さんにご質問いただくのが、「ドレスコード」についてです。

 

ドレスコードと言えば、結婚式の正礼装、準礼装などがありますが、

フランス料理のレストランでもドレスコードが設定されているお店もよくあります。

dress

出典;https://tokyo-calendar.jp

 

事前に、HPで確認されることをおすすめいたしますが、

種類としては、

スマートエレガンス、カジュアルエレガンス、スマートカジュアルなど。

最近では、ミシュラン★一つ星や二つ星を獲得しているお店や高級レストランでも

厳しいドレスコードを設定している所は少ないですが、それなりの服装で出掛けたいものです。

 

女性でしたら、普段より華やかなワンピースにボレロやジャケットなどの羽織物。

もしくは、スーツがおすすめです。

ただし、パンツスーツはダメなところもあるので要注意です。

kutu-2

靴は、ミュールやサンダルはカジュアルにあたりますので、

おすすめはヒール高が5cm以上のパンプスです。

(ヒールの太いものやウェッジサンダルもふさわしくありません。)

 

胸元をパールやシルバー、ゴールドなどのアクセサリーで華やかにすると素敵ですね(^^♪

 

男性の場合は、スーツの他、襟付きのシャツにジャケット。スラックスやチノパンなど。

ネクタイ不要のお店も多いです。

 

そして、男女ともNGなのが、デニム(ワンピースでもダメ)、ショートパンツ、Tシャツ、トレーナー、サンダルです。

0524-1

また、お料理を美味しくいただくために、香りのきつい香水は避けましょうね。

髪も軽くまとめたほうがお料理に触れなくてスマートです。

 

周りの人にも心地よく食事を楽しんでいただけるように、

見苦しくない服装やマナーを身に付けられると素敵ですね(*^-^*)

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪・京都・奈良の、ツイてる楽しいマナー教室・イメージコンサルティング

Venus・フィニッシングスクール&ポライトの講師 みわでした^ ^


★奈良のあやめ池の素敵な景色を眺め

一流シェフの「フランス料理のフルコース」をいただきながら、

テーブルマナーを身につけてみませんか?

マナーはもちろんのこと、美しい立ち居振る舞いが学べます。

concept_body_bg

詳細は、こちら。