今日の京都は雨です。とうとう関西も梅雨入りしそうですが、これからは、かさばる傘も手放せません。

傘や日傘をさして歩く時のマナーは、以前ブログでご紹介いたしましたが、今回は、傘を畳んだ時にスマートに持ち歩く方法をご紹介いたします。

2df8d5f5204400460c82ab7858a45f4b_s

 

特に女性は、バッグを持ったり、ショップで服や小物などを購入して紙袋を下げたりと荷物が多くなってしまいますね。

f96753506b764459c7055647e909132a_s

それだけでもたくさんなのに更に傘を持ち歩くとなると、余計にかさばってしまいます。

うちの生徒さんもですが、どちらかの腕にバッグを掛けていると、傘は反対の手で持ちたくなる人が多いと思います。
bc32e2374896166ce7539f74aee8c79d_s

 

しかし、両手で荷物や傘を持っている姿というのは、客観的に見ると、頭の上から足先までが三角形のシルエットに見え、人からは決して洗練された風には見えません

 

bc32e2374896166ce7539f74aee8c79d_s

男性もですが、特に女性は、理想のシルエットは逆三角形なので、本当は、足先に向かってスウーっと細くなっていかなければならないのです。

では、どうすればいいのかと言いますと、どちらか片方の腕にバッグや紙袋をまとめて腕に掛けます。そしてかさばる傘ですが、これも同じくバッグを掛けている腕に掛けます。

そしてポイントは、「傘の持て手の輪っかの切れている方を、自分の腕の内側にくるように掛けること!」です。

こうすると、歩く時も自分の足にガンガンあたらず快適です。なにより、傘の先のとがったところが、人に向かないので安心です(*^-^*)

きれいな逆三角形のシルエットなので見た目もスマート!そして周りの人にも配慮できて素敵ですね!

ぜひお試しくださいね(*’ω’*)

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪・京都・奈良の、ツイてる楽しいマナー教室・イメージコンサルティング

Venus・フィニッシングスクール&ポライトの講師 みわでした^ ^


★奈良のあやめ池の素敵な景色を眺め

一流シェフの「フランス料理のフルコース」をいただきながら、

テーブルマナーを身につけてみませんか?

マナーはもちろんのこと、美しい立ち居振る舞いが学べます。

concept_body_bg

※残席1名様となりました。 詳細は、こちら。


 

★JR大阪、グランフロント大阪より徒歩4分のウェスティンホテル大阪 日本料理「はなの」

料亭の風格が漂う、数寄屋造りの静かで落ち着いた雰囲気。ガラスの向こうに広がる箱庭が、都会の喧騒をほんの少しの間、忘れさせてくれます。

繊細な日本料理のフルコースをお召しあがりながら、和食のテーブルマナーと美しい立ち居振る舞いをご受講いただけます。

keyimage_hanano

 

詳細は、こちら。