毎日暑いなか、皆さん遠方からお越しになっています。今日は、兵庫県三田市からお車で10代の可愛いお嬢さんにもお越しいただきました。「木津川市ってどこっ??」って言うような京都と奈良の県境にある当スクールですが、遠方から通っていらっしゃる生徒さんたちからも、「落ち着きます~(*^-^*)」「レッスンを楽しみに、今週も仕事をがんばりました(^^)/」と言っていただけます。皆さんもプチ旅行気分だそうですが、私も皆さんがお住いの場所のお話を聞きながら、頭の中はプチ旅行気分です( *´艸`)

↓そして、大阪府池田市からお越しいただいたOさんです。マナー全般に興味があるとのこと。まずは立ち居振る舞い体験レッスンとパーソナルカラー診断にお申込いただきました。立ち居振る舞い体験レッスンは、普段の姿勢と歩き方を見させていただいて、おかしなところを直していきます。

Oさんの普段の姿勢は、腰骨は完璧な角度できれいですが、首が少し前のめりになっているのと、肩が内巻肩になっているのが気になりました。

IMG_0323-2

↓姿勢を直すと、モザイクが掛かっているのでわかりにくいですが、首がほっそり長~くなって、お顔がキュッと小さくなりました。肩もしっかり開け、ウエストもくびれが出来てもともと上品で綺麗な女性ですが、さらに洗練された印象に(*´ω`*)

IMG_0328-2

↓次にOさんのパーソナルカラー診断の結果は、ウインターでした。鮮やかな紫色のマルベリーと淡い紫色のペールライラックの配色がベストカラーで、とてもエレガントです。

IMG_0333-3

ウインタータイプの特徴は、お肌が透き通るほど白くてきめが細かい。白目と黒目のコントラストがはっきりしている。白目の部分がにごりがなくクリアで青みがかっている方が多いです。

パーソナルカラー診断では、大きく春・夏・秋・冬の4シーズンに分類しますが、唯一黒色を着てもきつく見えない。きついどころかカッコよく洗練されて見えます。

話はそれますが、先日、男性の生徒さん(Fさん)がお見合いをされました。“お相手の女性はお顔も可愛いくて好みのタイプなのに、会話が弾まず、時間が長く感じられました。お断りするつもりです”とのこと。

可愛いくてタイプなのに、なぜ楽しくなかったのか…?

もう少し詳しく聞くと、その女性は黒色のワンピースを着てらっしゃったそうです。ちょうど、Fさんと色彩心理のレッスンをしていた時に、黒色の話の途中で、“昨日なぜ話が弾まなかったか確信しました!”とおっしゃいました。

このブログでも何度も「黒色は人に会うときにはおすすめしません」と言っていますが、みんなきつく見えたり、偉そうに見えたり、人との間に壁を作って見えるのです。

ですが、ウインターの人だけはそうは見えません。本当に、お肌も透き通って見えますし、素敵に着こなせます。

 

↓ウインタータイプの人が似合うアイシャドウ

winter-eyecolor2

winter-eyecolor1

出典: www.kanebo-cosmetics.jp

 

ウインタータイプの人が似合う色は、

クリスマスカラーのような鮮やかな純色と真っ白な雪といったメリハリの強い配色が似合います。アクセサリーは、ゴールドではなく、艶ありシルバーやプラチナがおすすめです。

似合わない色の、くすんだ色、黄みを帯びた色は魅力を半減させてしまいます。

☞魅力を引き出す似合う色★パーソナルカラー診断の詳細はこちら(^^)/

☞まずは、凛とした姿勢から★立ち居振る舞い体験レッスンは、こちら

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。大阪・京都・奈良のマナー教室 パーソナルカラー・デザイン診断のVenus・フィニッシングスクールの藤本みわでした。


【次回のテーブルマナー団体講座は、2016年9月18日(日)開催!】

★JR大阪、グランフロント大阪より徒歩4分、またはシャトルバスで楽々移動のウェスティンホテル大阪 日本料理「はなの」

料亭の風格が漂う、数寄屋造りの静かで落ち着いた雰囲気。ガラスの向こうに広がる箱庭が、都会の喧騒をほんの少しの間、忘れさせてくれます。

繊細な日本料理のフルコースを召しあがりながら、玄関の靴の脱ぎ方や揃え方、座布団の座り方、ふすまの開け閉め等、和食のテーブルマナーと美しい立ち居振る舞いを楽しくご受講いただけます。

keyimage_hanano

詳細は、こちら。