本日は、神戸市よりパーソナルカラー診断とメイクレッスンにお越しいただきました(*´ω`*)

 

Kさんのお悩みは「よく疲れた印象に見られること。」だそうです。

なりたい・見せたいイメージは、明るく上品に、そして華やかな印象だそうです。

 

↓ Kさんは、以前他社でパーソナルカラー診断を2回受けられ、診断結果は2回とも「ウインター」だそう。なのでトップスは鮮やかなブルー、ボトムスは黒色、メイクもブルーベースのパープルやシルバーで、当スクールにいらっしゃいました。

 

IMG_0421

あれ?…。Kさんのパッと見の印象で、お顔の色がとても暗く違和感を感じた私ですが、いきなり初対面では言い出せず、ゆっくり瞳やお肌の色を観察させていただきました(;^ω^)

瞳はソフトなのに、なぜウインターなのか?…。 分析が楽しみになってきました( *´艸`)

もちろん、責任重大です!!

 

色布をお顔の下にあて、色布とお顔の比色を見ていきます。

やはり、原色や高彩度の色布だとKさんのお顔がきつくみえます!

お肌も黒く見え、眼の下のクマもとても目立っています!

 

↓ そして、中明度の中彩度、いわゆる「ダルトーン」をあてると、お肌も瞳もキラキラと輝きだしました!

IMG_4562

 

IMG_4567

これまでずっとウインタータイプだと信じていらっしゃったので、なかなか診断結果を受け入れていただけませんでしたが(^^;

メイクレッスンでパーソナルカラーのファンデーションをつけると、お肌がパッと明るく透明感が出ましたので、Kさんの表情も嬉しそう~(´▽`*)

 

美人眉の描き方レッスンで眉も整え、アイシャドウ、チーク、リップもパーソナルカラー(似合う色)を使いメイクが完成!

ひとつひとつのパーツが整っていらっしゃる美人さんなので、似合う色を使うことで本当に素敵な女性に!!

IMG_4569

衝撃の連続だったKさん、戸惑いもまだあるようですが少し納得されたご様子で、「今まで、鏡を見るたびに、顔が黒いなと気になっていたんです。顔が黒いのは日焼けのせいだと思っていたのですが、ファンデーションの色(ベースカラータイプ)が間違っていたからだと分かりスッキリしました。」

確認のため普段お使いのファンデーションを見せていただくと、「化粧品コーナーのカウンターにいらっしゃる美容部員の方に、自分の肌にあったファンデーションをすすめてもらったのがこれです。」と見せて下さいました。

シェーディングに使えそうな程、低明度の黒いピンクベースのファンデーションでした( ;∀;)

これは、ちょっとね(-_-;)

 

美容部員さんもですが、最近パーソナルカラー診断をしているカラーアナリストもしっかり勉強をされている方と、そうでない方の差が大きすぎると感じます。

当スクールの受講者様の多くが、他のスクールで誤診された方がたくさんいらっしゃってます。

確かに人が診断するので、その時の体調も関係しますし、最大の影響は「観測する光源の色」です。

私自身、色の勉強はものすごくしましたが、完璧だと言いきれません。なので、他社の診断結果を一概に誤診と決め付けることはできませんが、当方はメイクレッスンと同時にご受講いただく方が多いので、診断結果の再確認がパーソナルカラーのメイクカラーを使うことで出来、予測が確信に変わるのです。

 

皆さん、とても素直な方が多いので、診断結果をまっすぐに受け止め、ファッションやメイクに取り入れていらっしゃいます。

だけど、なぜか周りからの印象が良くない。

ご自身も落ち着かず、しっくりこない。違和感がいつもあると言うことで、当スクールにいらっしゃいます。

 

Kさんもいらっしゃった時に「いくら寝ても疲れがとれないんです。」とおっしゃっていました。

それは、無意識のなかで、からだが似合わない色を拒否していたのかもしれません。

色は、目だけでなく、皮膚やからだ全体で感じ取るのです!!

 

帰りの車の中で、外見はもちろんのこと内面も明るくとても前向きのKさんを見て、

今日の体験が、Kさんの転機になれればいいなと思いました(*^-^*)

立ち居振る舞いでもよく言うのですが、思い込みが損をするので、頭のなかも切り替えて、明るくさらに魅力的になれるように頑張って下さいね!

 

☞魅力を引き出す似合う色★パーソナルカラー診断の詳細はこちら(^^)/

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

大阪・京都・奈良のマナー教室 パーソナルカラー診断・メイクレッスンのVenus・フィニッシングスクール 藤本みわでした。


【次回のテーブルマナー団体講座は、2016年9月18日(日)開催!

★JR大阪駅、グランフロント大阪より徒歩4分、ウェスティンホテル大阪 日本料理「はなの」

 

美味しい日本料理のフルコースを召しあがりながら、玄関の靴の脱ぎ方や揃え方、座布団の座り方、ふすまの開け閉め等、和食のテーブルマナーと美しい立ち居振る舞いを楽しくご受講いただけます。

keyimage_hanano

詳細は、こちら。