朝晩の冷え込みや木々の色づきに秋の深まりを感じるようになった今日この頃ですが、

今回は、オータムタイプだった受講者様のご紹介をいたします。

 

お悩みは、アイシャドウを塗ると、きつい顔に見えてしまうこと。

特に、ブラウンやブルーなどの寒色系の色味だそうです。

 

120枚の色布の中から、理論に基づき、最も魅力を引き出す色を選び出します。

すると、Yさんの似合う色のシーズンタイプは、「オータム」でした。

更に、お似合いになる色相や、明るさ、鮮やかさの尺度も分析していきます。

 

img_4974

 

グリーン系の色相が得意で、

なかでも中間色のオリーブとグレイッシュオリーブの色布をお顔に近づけると

お肌がパッと明るくなり、透明感が出て素敵でした。

 

img_4968

 

また、暖かみがあり落ち着いた赤色のクリムソンや、

ゴールドブラウンもお似合いで、瞳がきらきらと輝きました。

 

お悩みの原因は、Yさんのお肌がやはりイエローベースだったからです。

青色や紫色のアイシャドウは、ブルーベースの方が似合う色です。

オータムの方が使うと、そこだけ派手に見えたりきつく見えます。

 

ブラウン系のアイシャドウのカラーチェックもさせていただきましたが、

このブラウンは、赤みがかったクール感のあるブラウンでしたので

きつく見えていたのです。

 

皆さん、ブラウンはナチュラルで使いやすいと思われますが、

実は、選ぶのがとても難しい色なのです(^^;

 

4c92760830d065df90f136f3a5797855_s

 

●秋タイプの似合う色の特徴は、

黄みを帯びた暖かみが感じられる深みのある落ち着いた色、

例えば紅葉やイチョウの葉、栗や柿やサツマイモなどの色です。

 

コーディネートのポイントは、

コントラストの強い配色を避けて

赤や黄色に染まった美しい紅葉の山々のように、

オータムカラーでグラデーションを作ることです。

落ち着いた大人の女性のイメージって素敵ですよね。

 

今がオータムのお買い物のチャンスです!

色とりどりのオータムカラーがたくさんお店に並んでいますよ。

ぜひ自分の魅力を引き出す似合う色を知って、おしゃれを楽しんでくださいね。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪、京都、奈良の立ち居振る舞い・マナー教室の

Venus・フィニッシングスクール Miwaでした(*^-^*)