本日1月7日は、七草粥の日。七草の節句ですね。

また、「人日(じんじつ)の節句」とも言います。

 

節句は全部で五つあります。

よく知られている日が、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、

7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)。

そしてもう一つが、1月7日(七草の節句)なのです。

 

「人日」とは、古来中国の風習に由来しています。

1日(鶏の日)、2日(犬の日)、3日(猪の日)、

4日(羊の日)、5日(牛の日)、6日(馬の日)、8日(穀の日)として

この日の天気によりその年の運勢を占う習慣があり、

晴れなら幸があり、曇りなら災いがあるとされていました。

 

7日は、(人の日)として人に刑罰も与えず、

邪気払いのため、7種の若菜を入れた粥を食べ、

無病息災や立身出世を願います。

皆様は七草粥を食べましたか?

私は、朝から家族みんなでいただきました。↑

今年は炊飯ジャーではじめて「おかゆモード」にセットして作りましたが、

これが意外と鍋で作るより簡単で、

フレンチで出てくるリゾットのように

口当たりが非常にまろやかだったので少し感動しました。

 

病気のときはもちろん、ちょっと胃が疲れている時などにもおかゆはホッとしますね。

 

七草は、セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ(大根)です。

これらの七草を食べるのは、自然界から「若菜」の生命力を得るものとされています。

サッと塩ゆでして麵つゆで軽く和えておかゆにのせても美味しいですよ!

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪・京都・奈良からアクセス良好。

立ち居振る舞い、マナー教室

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした(*^-^*)