立ち居振る舞いレッスンの中に、美しいドアの開け閉めがあります。

 

ドアノブを引いたり押したりするタイプや引き戸など、

ドアの開け閉めをしない日はないというくらい身近なものですが、

意外と美しく振る舞いのは難しいです。

 

 

ところで、振る舞い以前に問題があります。

それはノックの回数を間違える人が多いからです。

 

会議室にお茶をお出しする時や、

お客様を案内して部屋に入る時にはノックをしますよね。

 

このノックの回数もマナーが決まっているのです。

 

 

日本では、「コン・コン」と2回ノックをする人もよく見かけますが、

海外ではトイレのドアにノックする時が2回なのです。

その他は、3回ノックするのがマナー。

 

欧米では、初めて訪れる場所ではノックは4回とも言いますが、

4回は長いですよね!

日本では、3回が一般的なので、

お茶をお出しする時にドアをノックする場合や、

就活の面接時などは、3回でお願いします。

 

これ、結構年代で差があります( *´艸`)

20~30代半ばの人は、3回って習いましたとよく言われますが、

30代後半からは、2回だと思っていましたとのこと。

 

 

 

そしてもう一つ、ノックの音の大きさにも注意が必要です。

大き過ぎず、小さ過ぎずがベスト!

「コン・コン・コン」とリズミカルにノックしましょう。

ドアが少し開いていても、ノックは忘れずに(´∀`*)

 

美しい姿勢や立ち居振る舞いを身に付けて、印象アップしてみませんか?

立ち居振る舞い体験レッスンの詳しい内容はコチラ。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました^ ^

 

大阪、京都、奈良からアクセス良好!

立ち居振る舞い・マナー教室

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした(*^-^*)