メイクレッスンに、連日大阪や兵庫など遠方からも

たくさんの方にお越しいただいてます。

そのなかでも、特に皆さんが意外とされていないのが、「トン・トン」です。

 

 

「トン・トン」って何だろう?(´・ω・`) って思われますよね。

 

例えば、アイシャドウをブラシで取った後、

手の甲やティッシュペーパーに、ブラシを「トン・トン」します。

 

これだけで、ブラシに取ったアイシャドウの

余分な粉を落とすことが出来るので、

まぶたの一箇所に、アイシャドウが濃く付きすぎたり、

色ムラになるのを防ぐことができます(*´ω`*)

 

チークも「トン・トン」をせずに、頬に付けると、

最初にブラシを置いたところだけが濃くなり、

色むらが目立ってしまいます。

頬は、面積が大きいので、チークを均一につけないと悪目立ちします。

野暮ったい印象に見られると嫌ですよね。

 

 

 

アイシャドウや、チーク、アイブロウパウダーのブラシはもちろんのこと、

ファンデーションのスポンジや、フェイスパウダーのパフなども、

必ず手の甲か、ティッシュに、ぜひ「トン・トン」してみてくださいね。

 

メイクを上手に見せるポイントは、ムラなく「均一」につけることです。

 

メイクが上手くできない…。と言う方は、

ぜひブラシだけでも付属のブラシやチップではなく、

ちょっと奮発して☆

適度なこしのある筆や、毛の質感の良いメイクブラシを購入して使うと、

発色が良く、ムラなくきれいに仕上げることが出来ますよ!

 

ちなみに、手の甲にトン・トンしたファンデーションや

アイシャドウは、ティッシュだけでは拭き取れません。

化粧水をつける時に使った、化粧水を含ませたコットンを残しておいて

それで拭き取るようにすると色も油分もきれいに落とせます。

 

メイク時の「トン・トン」!

習慣になるようにまずは意識して試してくださいね( *´艸`)

 

似合うメイク法が知りたい、「もっと美しい私になる」メイクレッスンは、

「Venus・フィニッシングスクール」へ☆

「パーソナルメイクレッスン」の詳しい内容はコチラ。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪、京都、奈良からアクセス良好!

立ち居振る舞い・マナー教室

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした。