男性からも女性からも、「美しい人だなー」と思える人の共通点は、

しぐさが美しいんです。

 

いくら顔が綺麗でも、動作がガサツだとカッコ悪いですよね。

特に男性は、「穏やかで、お淑やかな女性」を好む方が多いです。

 

では、どうしたら「しぐさ美人」になれるのか、今回は一つお伝えいたしますね(´ω`*)

 

例えば、何か物を取る時や拾う時、

皆さんは親指から小指までの5本の指で“わしづかみ”をしていませんか?

 

わしづかみは、とても乱暴な印象になります。

また、がっしり掴むと5本の指がそろってしまうので、

手が大きく見えて美しくありません。

 

美しく見せるのなら、「指は散らす」ことが大事です。

 

特に物を拾う時は、「親指・中指・薬指」の3本の指の腹を合わせて、

キツネのポーズで拾います。

 

こうすると、繊細でとても女性らしい印象に見えエレガントです。

 

↓立ち居振る舞いコースを受講中のIさんです。

 

 

彼女は2度目の受講なので、美しいオーラが出るようになってきました。

また、穏やかで優しい視線も落とせるようになり、

以前は、がさつが悩みだったとは思えないぐらい女性らしいです(´∀`*)

 

教養マナーもお受けになったIさん。

外見と内面どちらも磨くことで、

何とも言えない美しさが醸し出されてくるんです( *´艸`)

 

ちなみに、このキツネのポーズは、本のページをめくる時や

何か人に資料をお見せする時にも使えます。

 

日常生活に活かせる、女性らしい所作は一生モノです。

ぜひご受講なさいませんか?

 

美しい所作は一生モノです、外見も内面も「もっと美しい私になる!」

美しい立ち居振る舞いレッスンの詳しい内容はコチラ。

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪、京都、奈良からアクセス良好!

立ち居振る舞い・メイク・マナー教室

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした