日本にいると、人の家に上がる時や、和食のお店や居酒屋など

人前で靴を脱ぐことが結構ありますよね。

 

皆さんは、何も考えずに靴を選んでいませんか?

 

靴を脱ぐ所に出掛ける場合、

できるだけブーツやストラップ付のパンプスを履いて行くのはやめた方がいいです。

 

理由は、脱ぐのに時間がかかるから。

 

靴を脱ぐのにもたつくと、まわりの人を待たせてしまいますよね。

じつは「もう、はやくあがってよ!」って心の中で思われているかもしれません。

 

そして、もうひとつは、脱ぐときの格好が悪いからです。

 

 

 

ストラップタイプだと、お尻を突き出してしまいます。

スカートなら、とても「はしたない」ですよね。

 

また、特にロングブーツを脱ぐ時に多いのが、膝が開いてる女性。

結構いらっしゃるんです。

 

右脚をひざの前にくるように曲げて、左手で引っ張って脱ぐ感じ…。

足の裏が丸見え!

なんだか、あぐらを組むような、おじさんっぽい印象ですよね( ;∀;)

 

 

前に鏡がないから、自分の姿を客観的に見ることはできませんが、

一度心当たりのある方は、姿見の前でやってみてください。

かなりカッコ悪いです(*_*)

 

カッコ悪い姿を男性に見られたら、

いくらお洒落をしていてもイメージダウン間違いなし(´;ω;`)ウッ…

女性同士でもがっかりしますよね。

 

 

出来るだけ靴を脱がなきゃいけないような場所に出掛ける時は、

スマートに脱げる「ストラップなしのパンプス」がおすすめです(*´ω`*)

 

特に、彼氏の両親に挨拶に行くとき、ビジネスの接待で食事に行くとき、

目上の人のお宅に出掛ける時なんかは、

TPOが考えられない人だと思われてしまい、第一印象も悪くなってしまいます(^ω^;)

 

もちろん素足も良くないです。

ストッキングを履いて行くか、もしくはフットカバーを持っていきましょう!

「人に迷惑を掛けない」

まずは、普段の自分を振り返ってみるところから始めてくださいね。

 

☞ 訪問のマナーや玄関の振る舞いなど教養マナーを身に付けて、

「さり気なく気遣いできる女性」

「内面から魅力が溢れる女性」を目指してみませんか。

 大人の女性として身に付けておきたい、

 マンツーマンの教養マナーコースは、こちら!

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました。

大阪、奈良、京都からアクセス良好!

立ち居振る舞い・マナー教室

Venus・フィニッシングスクールのMiwaでした