苦手な人に『ばったり会いたくない時』の対処法と、特定の人と出会ってしまう仕組みを解説♪

  

あなたは、これまでの
不思議な体験に
何も気付かなかったですか?

  

  

例えば、
近所の人や、職場で、
苦手な人がいるとします。

  

その人は、
無愛想だったり、
挨拶をしても
返事が返ってこなかったりして、

  

「もしかしたら私を避けているのかも?」や、
「会うと気分が悪くなる人!」って思い、
モヤモヤしたり、嫌な気分になったりと、
悩んでしまうかもしれません。

  

次第にその人と顔を合わせるのが嫌になり、
できるだけ出会わないように
と思って気を付けているのに、

  

なぜか、バッタリ
その人とよく会ってしまう
(>_<)

  

  

普通の人は、
この偶然ではないメッセージを、

  

ただの『偶然』で、
済ましてしまいます。

  

そして、
『なんて運が悪いんだー』とか、
『私が何か 嫌われることを
したというの?』
と嘆きます。

  

何度も言いますが、
この世に偶然はありません。
全て必然です♪

  

なぜその人ばかり、
避けたいのに、
よく会うのか!?…

  

それは、
あなたのエネルギーを
相手に注いでいるからです。

  

『苦手だから会いたくない!』
っていう思考のエネルギーを!

  

    

私たちは、
全員エネルギー体です(^-^)

  

宇宙に行くとき、宇宙服を着ますよね!
今、地球にいる私たちは
例えると『地球服』を使って生きている。

  

地球服の中身は何ですか?
と質問すると、多くの人は、

  

「脂肪、筋肉、血液、細胞でーす」(^^)/
と、目に見えることだけを信じて
答えてくれそうですが、
もっともっと小さくしていくと、

  

全ては、エネルギー(^^)
(まさか!?と思う人は、
物理学や量子力学で勉強してね)

  

  

いつも、周波数を持って振動している。
どんな時も波動を発している。

  

他人に意識をすると言う事は、
あなたのエネルギーの焦点を
相手に向けているということ。

(※もっと奥深い話はここではパスです)

  

イメージで言うと、
ラジオやテレビ、スマホ…
(人間や音だけでなく、
イルカや昆虫や動物、霊などもそうです)

  

特にクジラや猫、
コウモリなどが有名ですが、

  

超音波やテレパシーで
距離をはかったり、
仲間と会話している♪と言いますよね。

  

  

人間も「FM大阪が聞きたい!」と
あなたがそのエネルギーを発すると、

  

遠くで発信されているFM大阪が、
あなたの周波数にピタリとあって、
会場まで行かなくても、
自宅にいながら聞くことができるのです。

  

それと同じで、
あなたが、他人、物、出来事などに
対して何かを想う(思考する)と、

  

その思考は、
もれなく『周波数』となって
飛んでいく
ということです♪

  

  

「うっとうしい!!」って
言葉に出さなくても、
心の中でつぶやくだけでも、

  

周波数は抜け落ちることなく
飛んでいく!

  

(内面も嘘も隠せないよー)(・∀・)

  

私やヒーリング、
エネルギーワークなどをしている
人たちの中には、それらの周波数を
エネルギーで感じ取れる人が多い。

  

普通の人でも、敏感な人だったら
言葉を交わさなくても、
何となく相手の気持ちを
察することがあると思います。

  

それも、
無意識で相手の周波数を
キャッチしているからです。

  

最初に戻りますが、
もし苦手な人に会いたくなければ、
答えは簡単♪

  

あなたが
何も意識しなければいいのです。
『無意識♪』

  

相手の事を
何も考えないでくださいね。

  

  

もっと出来る人は、
自分の気配(波動)を消す♪(^^)/

  

そうすると、
だんだん会わなくなっていきます。

  

ただし、この方法は、
外側の出来事を何とかしよう!という
段階なので、表面的な対処法です。

  

もっと根本的に変えたかったら、
自分の内側の想いに気付き、
手放していかなければいけません。

  

いつも応援しています。
あなたが自分らしく
花開きますように♪

  

・.。☆彡・.。☆彡・.。☆彡・.。☆彡・.。*☆彡

  

『真実の自分』に気付いていますか?

  

魂(真実の自分)と繋がる生き方は、
人と比べない生き方
不安や恐怖のない、本当の自由と安心感
個性を輝かせる悔いのない人生です。

  

社会で起こる出来事や
他人に影響されない自分になるための
不安や恐怖の手放し方や
ブレない自分軸の作り方を中心に、

  

煌めく光を放つ
『真実の自分』に目覚められるよう
お手伝いいたします。

  

・.。☆彡・.。☆彡・.。☆彡・.。☆彡・.。*☆彡