我が家のスターシードたち①

久しぶりの投稿です。

  

皆さんは浄化どんどん進んでいますか?
我が家でも私と主人の
カルマのあぶり出しがすごいです。

  

  

半年くらい長い間、穏やかになって、
心地良い日が続き、周りの環境も変わり
もうスッキリと浄化し尽くしたなーって
思ってたのに、
また大きなカルマが出てきたのです。

  

もう懲り懲りです。って
エゴちゃんは悲鳴を上げています。

  

私たち今世シフトしていく魂にとっては、
カルマが出てくるのは
本当は『祝福』なんですがね(^^;)

  

この不思議な地球という世界で、
肉体を持って生きている限り
カルマとは一生お付き合いしていかなければ
なりません。

  

  

それは、どんなにすぐれた魂の人達もです。
地球という舞台は
そうゆう波動だから仕方がないんです。
陰陽2元性の世界...

  

このブログをお読みいただいている人は、
きっと普通の人じゃなく、
ちょっと変わった人だと思います(^^;)

  

スターシードやライトワーカーの方が
多いかと思います。

 

あなたはスターシードにも
色々なタイプがあるのをご存じですか?

  

  

魂には色んな魂があって、
地球転生が多いスターシードや、
高次の宇宙からダイレクトにやってきている
生粋のスターシードなど。

  

私の場合は、中間くらい。笑
地球と宇宙の間にある地球の霊界で
日本の神道系の神様と長い間
ずっと一緒に仕事?をしてきたそうです。

  

なので、人間界に生まれたとしても
巫女さんくらい。
普通の巫女さんとは違い、
使命を持ってきていたそうです。ちょっと特殊(^^;)

  

  

地球での輪廻転生はないので、
やはり地球人とは感覚が全く違うから
今世すごく違和感があった。

  

自分を押し殺すのがすごく嫌だった。
鳥かごの中に閉じ込められている感覚…
嘘をつけないし、媚びるのも嫌!
人を傷つけるのも嫌、
そしてお金の感覚もよく分からない。笑

  

とにかく、井戸端会議みたいな
人の悪口を言い合ったり、聞くのも
ものすごく苦手。

  

これは、自分の波動を下げたくないと
無意識に魂が

自分を守っていたからです(^^)

  

だから、あなたも
人の目を気にしたりせずに
『一人時間を大切にしたらいい』
と思います♪

  

  

うちの家族はとっても個性的なメンバーです。
starseed kuさんに霊査してもらいました。

  

主人は、地球転生多めのオリオン出身者。
私は、シリウス。

  

長男は、アンドロメダのパワーグループ。
(とてもとても大きなエネルギー。
時が来たら、彼が出す波動は
地球の裏側まで届く影響力だそうです!)

  

次男は、アルクトゥルス。
(若い子たちを導く時代の先駆者。
大きな使命を持ってきているみたいです)

  

息子は二人とも、生粋のスターシード。

  

  

ものすごく高次の存在で、
長男は生まれながらに悟っています。
(子供の頃から変わった子だなと
ずっと思っていました。大変でした。

  

エゴ人間だった私とは価値観が合わず
理解が出来なかったのが懐かしい~(^^;)
今思うと、
息子のほうが私に教えてくれていたのです。

  

特に次男もkuさんのセッションを
受けたのですが、ものすごく感動しましたよ!

  

  

なんと、あの『サナート・クマラ』さんが
セッション中にメッセージを
伝えに来て下さったのです。

  

kuさんのセッションを受けるのは
あちらで設定済だったみたいです。

  

※『サナート・クマラ』
遙か昔、京都の鞍馬寺にUFOで
金星から降臨されたと伝えられている
神様・宇宙人。
護法魔王尊のお名前でも知られている

 

サナート・クマラさんのメッセージを
kuさんがライトランゲージで言語化し、
同時に日本語に通訳して
話してくださったのです!!

  

もう!エネルギーが凄すぎる!
感動の涙と鳥肌ものでした<(_ _)>

  

次男はサナート・クマラさんから
たくさんのメッセージを頂戴し、
より自分の本質に気付けたようです。

  

何が転生してしまったスターシードと
生粋のスターシードと違うのか?
すごく価値観や視点がちがうので
また、記事にしたいと思います。

  

☞我が家のスターシード②
スターシードの特徴とは?
記事はこちら

  

ご予約・お問い合わせ

【人気No.1】風の時代の生き方講座 体験レッスン生募集中!

真実の自分に目覚めよう!
人生で本当に必要な学びとは?

あなたの人生が軽やかでスムーズになる
行動にブレーキをかけている心のブロック解除や、『不安』『恐れ』『悲しみ』などトラウマを解消する方法なども同時に学べる講座
まずはレッスンの仕方や雰囲気などぜひ体験してみてください。
▲ 画像をクリック